お金と感情のバランス

お金との感情のバランス

お金に関して、あなたは感情的にバランスが取れていますか?

 

お金と感情は非常に強く結びついています。

これから、あなたが「投資」を真剣にやろうと思えば思うほど、

この事実に気がついていかれることかと思います。

 

もちろん、これまでもお話をしているように、

貯蓄や借金の返済、退職後の計画を立てる必要があることは知っていらっしゃると思います。

 

では、金銭面に関してはどのように感じていますか。

 

お金の使い方について、感情的な側面に焦点を当てることなく、

何をすべきかについて話すのは簡単ですよね。

 

お金は人の生き方に大きな影響を与えるものです。

 

その結果、私たちはお金に大きな感情を抱きがちです。

その感情は時にネガティブなものとなり、より大きな問題に発展することもあります。

 

お金と感情のバランスがどの様にあなたに影響を及ぼすのでしょう?

 

woman balancing on board

お金に対する感情のバランスが取れていないことの影響

お金のブロックを持ち、感情的なバランスがとれていないと、

精神衛生に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

あなただけが、経済的に不利な立場にあると

思いがちなのですが、必ずしもそうではありません。

 

アメリカで行われた調査によると

68%のアメリカ人が自分の経済状況を良く思っている一方で、

相当数の人が以下のようなネガティブな感情を定期的に感じていると報告しています。

 

日本人はもっと多くの人が、

自分の経済状況について満足を得ていない可能性があります

金銭的なストレスは、人間関係や仕事、キャリアよりも大きなストレス要因となっています。

現代社会における大きな問題が、金銭的なストレスと言われています。

 

woman in black long sleeve shirt covering her face with her hands

 

お金にまつわるネガティブな感情とそのバランスをとること

もしあなたがお金に対する感情がネガティブだな〜と感じたときに、

何が起こっているのかを探り、

その感情と向き合うことが必要な時期が来ているのかも知れません。

 

不安と恐怖

不安と恐怖は、負の感情の中でも、最も多くの人が感じている典型的なものです。

 

お金に対して不安や恐れを抱くことは、ごくごく普通のことであり、

日本人の半数以上が、定期的にお金について不安を感じているのではないでしょうか?

自分の内なる対話は、自分が一番よく知っているはずです。

 

十分な収入を得ることができるだろうか?

今月、請求をすべて支払えるだろうか等、常に心配を繰り返している人も数多くいます。

あるいは、持っているものを失うのではないか、

十分に管理できないのではないかと心配している人もいるかもしれません。

 

経済的な状況を心配しすぎるあまり、

それがストレスとなり、経済的な側面と向かおうとしない、

先送りにしてしまう・・・なんて経験はありませんか?

 

恐怖の感情バランスを取る方法

恐怖の感情は、自分の邪魔をしないようにすることでバランスをとります。

お金のことで不安や恐怖を感じ始めたら、動かずにいるのではなく、

「これを乗り越えるにはどうしたらいいか」と考えて見てください。

 

請求書が払えないことが心配なら、

自分でコントロールできることに取り組み、計画を立てて見てください。

 

ここのポイントは、自分でコントロール出来ることが

何なのか?を明確にしていく事が大切です。

 

2 white and black ceramic egg figurines

 

 

怒りと後悔

これらは、「すべきだった」「すべきだった」「すべきだった」という感情です。

買い物に夢中になったり、十分な貯蓄をしなかった自分に腹を立てているのかもしれません。

クレジットカードを作り、借金を重ねてしまったことに後悔しているかもしれません。

私も含めてですが、人間は多くの後悔という感情を抱いています。

そして、当然怒りの感情もあります。

 

おそらく、自分に腹を立てているのではないでしょうか?

あるいは、お金について教えてくれなかった親に腹を立てるかもしれません。

自分の置かれた状況について、世間に対して怒ることもあるでしょう。

 

しかし、あなたは経済的な失敗から学び、より良くあなたの未来を変えることは

可能ですよね。

 

woman showing gold-colored ring

 

 

怒りの感情のバランスをとる方法

では、怒りや後悔を感じたら、どうすれば感情のバランスをとることができるのでしょうか。

後悔の代わりに、お金と向き合う自分に変わってみて頂けないでしょうか?

 

過去の金銭的な失敗はもう変えられません。

前進し続けましょう。

 

怒るのはいつでも出来るし、実は簡単に怒りの感情はあなたの中に

ムクムクと持ち上がってきます。

 

その怒りの感情を違う方向、良い方向に持っていくことです。

怒っても大丈夫、でもそのままにしないで、「もう二度としない」という気持ちを持つ。

 

私自身57歳にもなると

かなりの後悔も怒りも数多く体験しています。残念ながら、その感情を

長く持ち続ける事で、何一つ良い結果を生み出したことがありません。

 

そんな自分も認めて、是非、前に進み続けましょう。

 

羨ましさと恥ずかしさ

お金にまつわる失敗や恥ずかしさは、よくあることです。

そした、あなた自身が現在の経済状況を恥ずかしく思っているのかもしれません。

私たちは、友人や家族の前では良い顔をしたいものですよね。

 

特に、ある年齢までに経済的に一定の成果を上げるべきだと社会から言われている場合、

自分の経済状況がそれほど良くないことを認めたくはないものです。

 

そして、非常にやっかいな嫉妬心
何故か、多くの人が、私自身も含めて、なぜか、人と経済的なところを比べてしまいます。

 

その結果、身の丈に合わない生活をして、

借金を抱え、経済的な目標から大きく遠ざかってしまう・・・

 

そんな経験をした方もいらっしゃるだろうと思いますし、

間近でそんな風に苦しんでいる人を見たことがあるかも知れませんね。

 

girl in blue sleeveless dress

 

恥ずかしさや、嫉妬を感謝に置き換えて、感情のバランスを取る方法

嫉妬にまつわる感情のバランスをとるには、代わりに感謝と満足を実践することが

大切だと言われています。

 

嫉妬心を捨て、他人と比べる事自体に意味が無いと

感じてしまえば、もうこっちのものです。

 

その気持ちをモチベーションに変えて、もっと頑張ろう、

経済的な目標を細かく設定しよう、

自分の身の丈にあった生活をしよう、と思うのです。

このネガティブな感情のリストを見て、あなたも何か共感するものがありましたか?

 

ここで最もあなたに重要な事は、

ネガティブな感情は誰しも持っていると認める

その中で、あなたが行動を起こし、金銭に関わる感情のバランスを

取り始めることが何よりも大切です。

 

あなたが経済的なバランスが取れていないと

気づくだけで、もうその瞬間から、あなた自身が

バランスを取り始めていると考えて見られると

まわりも変わってみてていくのでは無いでしょうか?

 

person attempting to grab feather floating beside water

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事